« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

バックナンバー: 2008年11月

2008年11月28日

本日入荷です!

   カゴ漁による、希少なエビ。

 解凍して、冷たいままお召し上がりください。
 ただ殻をむくだけで、最高にうまい。

 何も言わずに、
 とにかく、しゃぶりついてください。


  ★北海しまえび
   http://www.siretoko.com/ebi.htm


 羅臼、目の前の浜で獲れたホッカイシマエビを、
 すぐに塩ゆでしました。

 お刺身が美味しい、と思われることの多いエビですが、
 このエビだけは、

 ゆでたほうが美味しいのです。

 海洋深層水を使い、
 絶妙な塩加減でゆであげました。

 ゆであがりは、すぐに急速冷凍。

 うまみをしっかり閉じ込めて、お届けします。


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 知床・羅臼前浜産 ゆであげ冷凍でお届けします
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『ホッカイシマエビ』
 ┃  http://www.siretoko.com/ebi.htm
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 殻をむいたら、頭は捨てないで!!

 お味噌汁に入れると、
 香り豊かな、いいダシがでるのです。

 身だけでなく、殻も美味しい。
 しっかり2度、楽しんでくださいね。


  ★北海しまえび
   http://www.siretoko.com/ebi.htm

 

  

 本日入荷です!

 ホッケの開きは、たくさんありますが、
 どうしてこんなにお値段が違うのでしょうか??

 それは、どれも同じホッケの開きではないからです。

 このホッケを知ると、
 もうほかのホッケは食べられないという人も。

 大人気の理由は、そのあたりにありそうです。


  ★ほっけ開き
   http://www.siretoko.com/hokke.htm


 真ホッケが、
 どれも同じだと思ったら、大間違い!

 脂のりのよいものを選ぶとしたら、

 水揚げされた全体の、
 わずか数パーセントと言われています。


 そうして、厳選された真ホッケ。

 手をかけ、時間をかけ、
 じっくりと手間のかかる吊るし干し、さらに熟成。


 違いは、価格だけではありません。

 明らかに違うのです。


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 吊るし干し仕上げ だから美味しい!
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『ほっけ一夜干し』
 ┃  http://www.siretoko.com/hokke.htm
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 この一夜干しをつくりだすのは、職人Hくん。

 あの名門コロ○ビア大学を卒業したという、
 業界では、ちょっと変わった経歴の持ち主です。

 Hくんが選ぶホッケ、
 つくりだすホッケの開き、

 信頼しています。

 いいものが無ければ、
 欠品もしかたのないことなのです。


  ★ほっけ一夜干し
   http://www.siretoko.com/hokke.htm

 

 

 本日入荷です!

 ほっけ一夜干しと同じ、職人Hくんの作品。

 脂のりナンバーワン! とまで言われるキンキ。
 一夜干しでも、やっぱりウマイ。


  ★きんき一夜干し
   http://www.siretoko.com/kinki.htm


 白身魚としては、信じられないほどの脂のり。

 脂肪分を数値としてみると、

 同じ白身魚のタイが約3~10%のところ、
 このキンキは、なんと約22%もあるのです!


 生きんきを、煮付け、湯煮、
 アクアパッツアなどで楽しむのもいいですが、

 干すことで、増すうまみもあるようです。


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 知床・羅臼前浜産 すぐ前の浜でとれとれ
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『きんき一夜干し』
 ┃  http://www.siretoko.com/kinki.htm
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ホッケとならんで、
 羅臼ブランドとして有名な、きんき。

 おめでたい魚として、
 北海道では、いろいろな席を華やかに飾ります。

 ご家庭で、また贈り物にもぴったりですね。


  ★きんき一夜干し
   http://www.siretoko.com/kinki.htm

 

2008年11月15日

漁り火に照らされやってきた

 イカの漁り火が、こちらに舞い戻ってきました。


 知床のイカ漁は、日本でのいちばん最後の漁です。


 つまり、山陰あたりまで出かけていったイカ漁船が、
 イカの北上にともなって移動してきます。


 最終の到達地がここ、知床なのです。


 ちなみに、ここまでやってきたイカは、「独身貴族」だそうです。

 産卵にかかわらないので、いくら採っても資源に影響がないとのこと。


 すごいですね。


 イカ一夜干し  ● 完全天日干し!岩塩だけの究極のシンプルさ ● 


 イカお刺し用  ● 一尾ずつパック もちろん知床産! 厚みと旨みが凝縮 ● 


 イカ沖漬  ● 活きたまま 醤油に漬かるイカ!お刺身でも焼いても ● 


2008年11月12日

生きたまま醤油へ!沖漬

 イカ釣り漁船の漁り火が美しい秋。

 

 イカの沖漬けは、活きたまま醤油に漬けるので
 イカ釣り船に依頼して造るのです。

 

 もちろん、醤油のレシピと、
 樽にどれだけ入れるかで決まります。


 知床三佐ヱ門本舗では
 なんと1樽にたった25ハイ。


 弊店につくってくださる船頭さんは、
 イカをとんとんと叩き、水を吐かせてから、
 絶妙のタイミングで樽に入れます。


 水揚げされてから醤油で味をつけるものとは
 根本的にちがったものです。


 これがほんとうでほんものの「沖漬け」。  


 この秋のできたて!いか沖漬 丸中醤油 マルシマ淡口 ございます。

2008年11月03日

一年寝て待つ天然羅臼昆布

    
 天然羅臼昆布に、
 こんなお問い合わせをいただきました。


  「これは新物ですか?」


 どうやら、多くの方が、
 『昆布は新しいものが良い』 と思っているようなのです。


 じつはですね、これ、

      逆  なのです。


 知床三佐ヱ門本舗と交友関係のある、
 とある有名乾物屋さんでの実験によりますと、


 もっとも味に差がでたのは、一年寝かせたもの。
 二年目からは、それほどの違いはなかったとか。


 今年お買い上げいただいたものは、
 来年お使いになるつもりで購入していただくとよいようです。


 ただし、保管方法には気をつけてくださいね。


  ★昆布の保存方法はこちら   


 知床三佐ヱ門本舗で、
 羅臼昆布をお買い上げいただけるサイトは、この2つ。


  ▼羅臼昆布専門サイト 羅臼.昆布
   
  ▼知床三佐ヱ門本舗本店 羅臼昆布コーナー

   
 どちらで買い物かごへ入れても、
 知床三佐ヱ門本舗のほか商品と、いっしょにお届けできます。

 羅臼昆布は、冷凍指定商品とも同梱できます。

トップへ


お客さまの声 最新版

知床の風 公式ブログ

これって浄水器?

旬の商品

生うに登録フォーム

しれとこの生うに会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


鮭児登録フォーム

しれとこの鮭児会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


自然農法登録フォーム

ひでさんの無農薬無肥料栽培ニュース」にご登録ください。


羅臼昆布情報フォーム

天然羅臼昆布」のニュースをお届けします。


ブログリンク

サイト内検索


フィード

バックナンバー