「羅臼昆布は俺様だ」と言わんばかり

中田さまからいただいた天然羅臼昆布のご感想、二通目をご紹介します。

(※一通目はこちら

こんにちは。

なかなか調理する時間がなく、本日、5等検で味噌汁をやりました。

一枚の見た目はスーパーの小袋と同等。


いつもと同量を一晩水に浸して沸騰前に取り出しました。

まず灰汁の色が違う。

取り出した昆布の厚みも全く違う。


出汁を味見しますと、何と! これで5等検? 

口の中で広がる旨味、これが上品に奥へと伝わる。

で味噌汁(信州の麹味噌)にしますと、一口目の昆布の甘味が、直後に羅臼昆布は俺様だと言わんばかりのバランスの取れました旨味が襲って参りました。

これは凄い!!

他の皆さまが伝えようとされていたコメントがはっきり理解出来ました。

2、3、4等検が未開封で眠っていますが楽しみと同時になんか勿体ないような気がして参ります。

素晴らしい商品をありがとうございました。
また必ずご注文させて頂きます。

羅臼昆布の関係の方々の活躍を心より祈ります。。

トップへ

鮭山漬け一尾の絵

先日送っていただいた鮭の絵です。
味、形、色共に大満足しています。
ありがとうございました。

 

ご購入いただいた鮭山漬・番屋造り一尾を、長野市の石坂宏先生(長野高校美術科)が描いてくださいました。近日中に「NHKおはよう日本」でも本校美術部と他校の共同制作の作品が紹介される、とのこと。

ありがとうございます、すばらしいです!!

 


トップへ

久々に本当のウマいウニを食べた。


【感想】生うに(ほぼ極スぺシアル)赤:

 

 

 漁の状態でいつ到着になるか不明でしたが、
 大のウニ好きの母に喜んでもらえたらと思い
 注文しました。

 

 母の日が近かったので間に合えばいいなくら
 いの気持ちだったのですが、母の日の前日に
 到着しました。

 

 きっとメッセージを見て間に合うように手配
 していただいたのだろうと思います。

 

 まず、そんな気遣いをしていただいたことに
 感謝します。
 そんな気持ちがうれしくて・・・。

 

 母は、
 「こんなおいしいウニ食べたことがない」と
 言って大喜びでした。

 

 確かにうまい!

 

 久々に本当のウマいウニを食べました。
 ありがとうございました。

 

         T田さま(北海道岩見沢市)

 

 


こちらこそありがとうございます!

母の日、まにあってよかったです!!

(スペシアルはメルマガ限定 登録はこちら

トップへ

熟成した、その絶妙なうまさ

食べたもの:さけ山漬け番や造り

知床三佐ヱ門本舗に予約して届いた「さけ山漬け番屋造り」は、まさしく私た
ち夫婦の期待に応えてくれました。

そうなんです、これなんですね、中々出会えない本物の味わいです。

その美味しさについては多くの皆さんが書き込みされているとおりです。

今の時代は何でも甘くなってきており、店頭に並んでいる紅鮭も同様で塩のき
かせ方もあるのでしょうがどうも美味しいと思いません。

昔、食べ物が乏しい時代には塩鮭(別称 塩引き、猫またぎ)がご馳走でした。

そこで覚えたことはただ「しょっぱい」だけではなく、鮭本体から出るエキス
を吸った塩のうまさが口に広がることが大事だということであり、スペイン産
生ハム「ハモン・セラーヌ」もしかりで、国内で一般に売られている生ハムは
本物とは大違いなのです。

こんなことで、熟成したその絶妙なうまさがこの「さけ山漬け番屋造り」に感
じられることから大変満足しています。

身の塩焼きもさることながら、鼻先の軟骨は酢の物用に残して、頭、背骨、尾
などはオハウやシチューに使うとそこから出てくる濃厚な塩味だけで他の調味
料が不要な味わいを楽しむことができます。
もちろんその骨をしゃぶって味わえる鮭の身や皮もまた格別の味わいがありま
す。

これまで他のところからのものを食べましたが身の発酵具合、塩の旨さに違い
があります。

やはり素材の新鮮さと加工に工夫があるのでしょうね。
そんなことから調理や食べ方に色々工夫ができました。

残りは正月の酒の肴が楽しみです。知床三佐ヱ門本舗さんからは夏は「時知ら
ず」、年末は「さけ山漬け番屋造り」ほんとうにありがたく思っております。

 

 【ニックネーム】northern hermit 様より

※原文ママ 

トップへ

香ばしく焼いた 鮭山漬 の皮は

 歳をとるといろいろあるので昨年は我慢して買いませんでした。


でも、今年は子供たちに焼き鮭ならあの鮭が断然旨いよねと言われたのを言い訳に買わせていただきました^^


知床三佐ヱ門本舗さんの山漬けに初めて出会った時に小学生だった娘も来年は大学生です。


彼女は季節柄旨い焼き鮭談議になると必ずしょっぱいけど絶対旨い山漬けをご所望になります。


昔は私の弁当のおかずになっていた残り物の焼き鮭が、今はその娘が軽食代わりに学校にもっていくおにぎりの具になりました。


おかげで昔真っ先に子供らに取られていた皮は親父の晩酌のアテに確保できるようになりました。

 

 


鮭の皮は旨いといいますが香ばしく焼いた山漬けの皮は本当に酒が進みます。


焼き立てはご飯に最高だけど、冷めた残り物の方が日本酒チビチビに合うんだよなぁ。

今日もそういいながら次は息子の洗脳に取り掛かっています^^


今年もおいしいところをありがとうございました!!! 

 

●食べたもの:鮭の山漬 一尾(標準口)
https://www.siretoko.com/aramaki.htm

まひぞう」さま(埼玉県)

 

続きを読む "香ばしく焼いた 鮭山漬 の皮は"

トップへ


食後感想文を投稿するスタッフは「お客さまの声」が励みです。ぜひ!

ニュース速報

カテゴリー


最近の感想

検索


月別

リンク

フィード