2022年11月29日

しれとこの生うに受付開始は

  

 

 令和5年度(1月末解禁)の

 ご予約について、受付開始 日時をお知らせいたします。

 

  【受付開始】

   ・令和4年 12月 1日 午前零時 スタート


      (お届けは受付順で 早くとも2月初め以降 の予定) 

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●  生うに ご予約受付開始   ※解禁は令和5年 1月末~6月
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ 
 ┃ 『生うに』(折り詰め)
 ┃
 ┃  https://www.siretoko.com/uni.htm
 ┃
 ┃
 ┃ 
 ┃ 『塩水うに』(塩水漬け)
 ┃
 ┃  https://www.siretoko.com/uni-w.htm
 ┃ 
 ┃
 ┃ 
 ┃    ※ご予約商品ですのでクーポンはお使いいただけません
 ┃    ※ポイントはお使いいただけます
 ┃
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 パスワードの設定はございません。


 基本的に、注文の受付順にお待ちいただきます。

 お届けできない日がございましたら、「注意事項」の欄に、*月*日
 は不在、などとお書き添えください。


 お届けは、早くても

     2023年2月以降 です。


  ※お申し込みが多数集中したばあい、混乱をさけるためいったん受
   付を休止することがございます。そのさいにはまたお知らせをい
   たしますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。


 ではご利用をお待ち申し上げます。

 

2022年10月31日

昔ながらの鮭。ただいま仕込み中。

  

 

 秋鮭がやってきて、
 しっかり寒くなれば、

 この鮭の製造がすすみます。

 知床の天然鮭、
 たっぷりの塩、
 長時間の熟成、

 そんな昔ながらの製法で、
 深い味わいを生み出します。

 ただいま仮予約受付中です。


  ★《仮予約》さけ山漬 番屋造り 令和4年 年末分
   https://www.siretoko.com/reserve-aramaki.htm


 さけ山漬・一尾。
 令和4年 年末分のご予約を受け付けております。

 素材は、知床の秋の天然 鮭。

 加えるのは、
 たっぷりの塩、人の手、時間。

 天然の鮭と大量の塩を、
 交互に山のように積み上げることから、

 山漬、と呼ばれます。

 仕込みから仕上がりまでは、
 およそ半月以上。


 昔ながらの新巻鮭製造のポイントは3つ。

 ・冷暗所での長期常温熟成
 ・大量の塩を使用
 ・寒風干し

 塩漬けにされた鮭は、

 何日も重石をかけ、数日おきに上下を入れ換え、
 さらにたっぷりと塩を追加して、熟成。

 しっかり熟成させることで、
 大量の塩がうまみを変化させ、さらに引き出します。

 塩による天然の防腐効果により、
 たんぱく質がアミノ酸へと変化し、

 独自のうまみが生まれるのです。

 仕上げは、寒風干し。

 知床の秋から冬の寒さが生み出す、
 深く、豊かな味わいです。


 お届けは 11月後半 以降。
 ただいま、仮予約を受け付けております。

 仮予約フォームからお申し込みいただいたお客様分を、
 優先的に製造いたします。

 大きさなどは仕上がってから計量のため、
 指定できません。

 晩秋のご注文受付開始時に、
 再度メールにてご連絡いたします。

2022年09月14日

究極のいくら三種、ご予約承り中。

  

 美味しい未来のご予約は、
 秋にやってくる鮭のお腹のなかに。

 ひと粒ひと粒、心をこめて、
 丹念に、究極の天然造りにいたします。

 お届けは、例年11月以降となります。


  ★《ご予約》天然造り いくら醤油漬
   https://www.siretoko.com/ikura.htm


 これ以上はない、究極の いくら醤油漬。

 製造は、全工程においてすべて手作業で行われます。

 熟練者一人が朝から夜中までかかって作業しても、
 製造量、1日わずか40個たらず。


 秋の朝早く、羅臼港で買い付ける、
 知床・羅臼産の秋鮭。

 到着後、すぐにさばきます。

 筋子は、完熟している時期の卵に限定。
 産卵直前の皮のかたい卵は使用しません。

 工程は、
   (1)洗い
   (2)選別
   (3)漬け込み

 注目すべき作業は、選別。

 イクラを、ひと粒、ひと粒、ていねいに、
 ピンセットで選別します。

 人の手だからこそできるきめこまやかな選別が、
 極上のイクラを造り出すための関門でもあります。


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● ご予約受付中! すべて手作業 究極の天然造り
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『天然造り いくら醤油漬
 ┃  https://www.siretoko.com/ikura.htm
 ┃ 
 ┃   ・丸中醤油
 ┃   ・マルシマ醤油「淡口」
 ┃   ・ヤマキ醸造「生しぼり御用蔵」
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 いくら醤油漬は、選び抜かれた醤油の銘柄ごと、
 3種類を漬け込みます。


 ●丸中醤油 <滋賀県愛知郡>
  ー濃口(こいくち)ー

  自然に発酵をまかせた醸造法、古式天然醸造による醤油。
  古い蔵や桶に棲みつく醸造菌が、この深みある味を造ります。
  原料はすべて国産。三年熟成。
  濃口ですが、限りなく淡口に近い透きとおる美しさ。


 ●マルシマ醤油 「淡口」 <広島県尾道市>
  ー薄口(うすくち)ー

  醤油造りに最適な気候風土に恵まれた小豆島で、
  400年も守られてきた伝統の醤油造り。
  素材の色や味を一層ひきたてる淡色仕上げ。
  いわゆる「うすくち」、塩分は濃口と同じです。


 ●ヤマキ醸造 「生しぼり御用蔵」 <埼玉県児玉郡>
  ー国産有機生(こいくち)ー

  希少な国産の有機栽培大豆(有機JAS認定)を使用。
  火入れしていない、酵母乳酸菌が生きる生の醤油。
  秩父・城峰山より湧き出る名水「神泉水」を用いて、
  杉樽で天然醸造しています。


 3種セットもご用意しています。


  ★《ご予約》天然造り いくら醤油漬
   https://www.siretoko.com/ikura.htm

 

2022年09月02日

自然農法とうもろこし出荷が間近。

  

 畑の哲人、ひでさんのとうもろこし。

 気になる畑のようすですが、
 どうやら今年は生育が遅れ気味となっています。

 来週以降、
 完熟したものを順次出荷の予定です。

 ご予約、まだ間に合います!


 ひでさんのとうもろこしは、
 完全自然農法によるものです。

 完全自然農法とは、

 農薬や除草剤の不使用はもちろん、
 化学肥料や有機肥料などの肥料類も一切投肥せず、
 畑の力のみで作物を育てる、もっとも自然な農法です。


 北海道で自然農法のトウモロコシは、
 おそらく、ひでさんの畑だけ。

 栽培そのものが難しいため、生産農家が少なく、
 農産物の流通量も少ないのが現状です。

 たいへん貴重なとうもろこし。
 この夏の締めくくりに、味わってみませんか?


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● ご予約受付中! 完全自然農法産 ひでさんのとうもろこし
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『ひでさんのとうもろこし』
 ┃  https://www.siretoko.com/toumorokoshi.htm
 ┃ 
 ┃   一本 340グラム前後
 ┃ 
 ┃   ・7~8本入り
 ┃   ・14~15本入り
 ┃ 
 ┃   ※ 品種はゴールドラッシュを予定しています。
 ┃     (スーパースイート種)
 ┃ 
 ┃   ※ 生育状況により、
 ┃     300グラム程度まで小ぶりになることがございます。
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 収穫が始まり次第、
 ご予約いただいた順の発送となります。

 配達日指定はできません。
 時間帯指定のみ、可能です。

 「届いては困る日」がある場合は、
 注文時に「注意事項」などにお書き添えください。

 配達予定日(お届け予定日)につきましては、
 出荷後、メールでご連絡いたします。

 ごくまれに輸送状況などで
 配達予定日時にお届けできないことも予想されます。

 出荷後、出荷直前のキャンセルは、
 お受けできませんのでご了承ください。


  ★《ご予約》ひでさんのとうもろこし
   https://www.siretoko.com/toumorokoshi.htm

2022年07月19日

まぼろしのエビをお刺身で。

 新物入荷!
これぞ まぼろしのエビ。

生の鮮度そのままに、
液体凍結してお届けします。

プリプリ食感をご家庭で。
ぜひお刺身でお楽しみください。


羅臼産 ぶどうえび
 https://www.siretoko.com/budo.htm


貴重な羅臼産ぶどうえび。

羅臼だけに生息する、
まぼろしのエビのなかの、さらにまぼろしのエビ。

ぼたんえび、あまえび、
ほっかいしまえびがメインのエビかご漁の混獲で、

大型サイズは、
多い日でも3キロほどの水揚げしかありません。

海の深いところに生息していて、
漁獲がとても少ないため、

一部の食ツウのあいだで、
存在を知られていたのみでした。

だから、まぼろしのエビと呼ばれています。


甘さはもちろん、
大きさも特徴的な ぶどうえび。

特大サイズなら、
お刺身3~5切れほどになる食べごたえです。


ゆっくり解凍はドリップが出てしまうため、
流水での急速解凍がおすすめです。

凍ったままポリ袋などに入れて、
口を輪ゴムでしばります。

ボウルに入れて、流水解凍してください。
解凍時間はおよそ20~30分です。

トップへ


お客さまの声 最新版

知床の風だより ブログ

これって浄水器?

旬の商品

生うに登録フォーム

しれとこの生うに会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


鮭児登録フォーム

しれとこの鮭児会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


自然農法登録フォーム

ひでさんの無農薬無肥料栽培ニュース」にご登録ください。


羅臼昆布情報フォーム

天然羅臼昆布」のニュースをお届けします。


ブログリンク

サイト内検索


フィード

バックナンバー