2020年05月22日

羅臼だけの「ぶどうえび」ご予約開始。

 お刺身エビといえば、
 ボタンエビの甘さを思い浮かべる人も多いはず。

 ぶどうえび は、
 その甘みをさらに上まわるもの、とご想像ください。


  ★【ご予約】羅臼産 ぶどうえび
   https://www.siretoko.com/budo.htm


 深いむらさき色が特徴の、
 まぼろしの 羅臼産 ぶどうえび。

 知るひとぞ知るエビ、
 まぼろしのエビと呼ばれていました。


 ぶどうえびは、
 太平洋の広範囲で獲れるとされています。

 でも、わずかな量で、
 まとまった漁獲があるのは、
 羅臼くらいのものとされていました。

 このぶどうえび、
 標準和名:ヒゴロモエビ、と呼ばれています。


 羅臼で獲れるものも、
 おなじ ヒゴロモエビ だと思われていたのですが、

 豊かな羅臼の海にいた ぶどうえび は、
 なんと新種だったのです

 命名:ラウスブドウエビ

 海の深いところに生息していて、
 漁獲がとても少ないため、

 一部の食通のあいだで、
 存在を知られていたのみでした。

 大型サイズは、
 多い日でも3キロほどの水揚げしかありません。


 甘さはもちろん、
 大きさも特徴的な ぶどうえび。

 特大サイズなら、
 お刺身3~5切れほどになる食べごたえです。

 希少価値が高く、
 さらに羅臼産が新種とわかって、
 さらにまぼろし度が増した ぶどうえび。

 羅臼産だけの特別な ぶどうえび をご予約ください。

 お届けは、7月中旬よりを予定しております。

 

 卵の大きさがぜんぜん違います。

 ぶどうえび(左) ボタンエビ(右)

 

2020年05月21日

生うに漁の状況

うに漁の状況につきまして

4月29日、30日にセリがありました。
5月8日、5月12日にセリがありました。

5月13日~休漁でした。
5月19日にセリがありました。


ウニ漁は6月まで予定されておりますのでお待ちいただけま
したら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年05月06日

未来の楽しみを予約しよう

 

 スタッフのまるやまです。


 今年の夏が、
 どんな夏になるのか、

 まだわかりません。


 それでも夏はやってきて、
 太陽と大地がトウモロコシを育てます。


 これからやってくる、
 夏という未来に想いを込めて。

 未来の楽しみを予約しよう。


 きっと美味しい未来です。

 

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 これからやってくる夏が、
 太陽が、大地が、じっくりと育てます。

 お届けは、夏が終わりを迎えるころ。

 畑の哲人が育てる、
 特別なトウモロコシ。

 大人気の夏の美味しさ、ご予約スタートです!


  ★《ご予約》ひでさんのとうもろこし
   https://www.siretoko.com/toumorokoshi.htm


 畑の哲人ひでさん、こと、
 伊藤秀幸さんが、農作物と対話しながら育てる、

 完全自然農法産のトウモロコシ。

 北海道で自然農法のトウモロコシは、
 おそらく、ひでさんの畑だけ。

 知床半島から車で約3時間。
 訓子府町に、その畑はあります。


 完全自然農法とは、

 農薬や除草剤の不使用はもちろん、
 化学肥料や有機肥料などの肥料類も一切投肥せず、

 畑の力のみで作物を育てる、もっとも自然な農法です。


 特徴的なのは、
 自然がもたらす 天然のあまみ。

 あまみの尺度、糖度が、
 例年 17度 を記録しています。

 17度といえば、果物のメロン以上 の数値。

 さらにこの糖度は、数日たっても落ちないそうで、
 収穫後、ご家庭に届けられるころまで、しっかり甘いとか。

  ※ 糖度17度は生産者による調べです。
    完熟のものをお届けいたしますが、
    糖度保証しているものではありません。
    ご了承ください。


 無農薬だから、
 まずは 生 のままで、ガブリ!もできます。

 天然のあまみを実感していただけるはず。

 これから始まる夏が育てる、
 美味しい楽しみを予約してみませんか?

2020年04月28日

おうちで タコパしましょ


 知床三佐ヱ門本舗、スタッフのまるやまです。


 おうち時間を、
 少しでも心地よくすごすには、

 食べることを楽しむ! のが、いちばん。


 人気なのが、
 タコパ、タコ焼きパーティー。

 作って食べることを、

 エンターテイメント化、
 アトラクション化して、楽しむのです。


 タコ焼き専用のプレートがないならば、
 お好み焼きでもいいですね。


 タコ焼きの主役は、やっぱりタコ。

 具材には、
 とっておきのタコをご用意しました。


 世界最大の大きな足いっぽん!

 たっぷりお楽しみいただけます。


  ★羅臼産 おおだこ お刺身用
   https://www.siretoko.com/tako.htm


 羅臼産の おおだこ を、
 お刺身用に、絶妙なゆで加減でお届けします。


 お刺身用、といっても、ゆであげタコ。

 タコ焼きはもちろん、

 パスタ、唐揚げ、カルパッチョなど、
 たっぷりお楽しみいただけます。


 おおだこは、
 みずみずしく、やわらかいのが特徴。

 歯ごたえ、
 特に ゆで加減 が重要になります。

 タコは、ゆで加減がむずかしい。
 すぐにかたくなってしまいます。

 だから、タコゆで名人の技で。

 タコ一筋のタコゆで名人に、
 絶妙なやわらかさにゆであげてもらいました。


 おおだこは2種類。

  ・まだこ(メス)

   ミズダコのメス。
   水分は少なめで、歯ごたえがあります。
   本州産の標準和名マダコとは種類がことなります。

  ・みずだこ(オス)

   ミズダコのオス。
   水分が多く、ジューシーな風味が特徴です。


 どちらもうまみたっぷり。
 お好みを見つけてくださいね。


 大きな足いっぽん!でのお届けです。

 半解凍の状態になりましたら、食べる分だけ、
 お召し上がりいただくサイズに切り分けてください。

 残りは、フリーザーバッグに入れてすぐ凍結いただくと
 鮮度が落ちません。


  ★おおだこ お刺身用
   https://www.siretoko.com/tako.htm

 

2020年03月27日

ウニ漁再開しております。

流氷のただよう中、ウニ 出漁中です。

しかしながらこのようにビッシリと入り込む日もあり・・・(これは3月25日の羅臼港付近です)

漁ができないまま4月4日までは「春の休漁」に入ります。

知床の生うにをお待ちいただいているお客さま、たいへん恐縮です。

いましばらくご辛抱をいただけましたら幸いです。

トップへ


お客さまの声 最新版

知床の風だより ブログ

これって浄水器?

旬の商品

生うに登録フォーム

しれとこの生うに会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


鮭児登録フォーム

しれとこの鮭児会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


自然農法登録フォーム

ひでさんの無農薬無肥料栽培ニュース」にご登録ください。


羅臼昆布情報フォーム

天然羅臼昆布」のニュースをお届けします。


ブログリンク

サイト内検索


フィード

バックナンバー