« 夏のスタミナは鍋で決まりです! | えびニュース速報 |

2019年06月25日

尾岱沼産シマエビ入荷しました

  抱卵している秋エビが入荷しています。

 春エビも、まもなく入荷予定です。


 尾岱沼のホッカイシマエビはとっておき。

 なぜなら、

 尾岱沼のアマモのなかで、
 豊富なエサを食べて育っているから。


 尾岱沼は水深が浅く、
 アマモなどの海藻がたくさん育つ場所。

 アマモは住処であり、
 えさ場となり、

 ホッカイシマエビを育てます。


 エビ漁は、
 アマモを傷つけないよう、打瀬舟に限定。

 打瀬舟はスクリューがついていないので、
 アマモを傷つけることがありません。

 三角の帆をはり、
 風によって水面を走る打瀬舟の姿は、

 尾岱沼の風物詩にもなっています。


  ★尾岱沼産 ホッカイシマエビ
   https://www.siretoko.com/ebi.htm


 濃厚なウマミを
 エビのなかに閉じ込めるため、

 水揚げされたら、すぐに塩ゆで。

 ホッカイシマエビは、
 活きているときには緑かかった茶色。

 ゆでると鮮やかな赤になります。


 絶妙な塩加減と、
 エビみそのうまみが自慢のゆであがりです。


 ゆであげの美味しさそのままに、
 急速冷凍してお届けします。

 解凍したら、
 冷たいままですぐにお召し上がりください。


 お届け後は、冷凍で2週間。

 解凍後は冷蔵庫に保管して、
 2日以内にお召し上がりください。

トップへ


お客さまの声 最新版

知床の風だより ブログ

これって浄水器?

旬の商品

生うに登録フォーム

しれとこの生うに会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


鮭児登録フォーム

しれとこの鮭児会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


自然農法登録フォーム

ひでさんの無農薬無肥料栽培ニュース」にご登録ください。


羅臼昆布情報フォーム

天然羅臼昆布」のニュースをお届けします。


ブログリンク

サイト内検索


フィード

バックナンバー