トキシラズ

2020年06月30日

まさにベツモノ。トキシラズ鮭はじまっています。

  

 やってきました、夏の鮭。

 大きな4キロ以上の原魚を厳選して、
 製造がスタートしました。

 焼いて食べる鮭の最高峰を、
 やさしい塩加減、ひと汐で味わう。


  ★羅臼産 ときしらず鮭 ひと汐
   https://www.siretoko.com/toki-hitosio.htm


 ひと汐鮭 は、シンプルな味わい。

 厳選された素材のうまみは、
 やさしい塩だけのシンプルな味付けで、さらに引き立ち、

 食べる人に、鮭そのものの味を教えてくれます。

 それは、
 素材が、トキシラズ鮭になっても同じこと。


 鮭にはさまざまな種類がありますが、
 焼き鮭で味わうのなら、

 トキシラズ鮭が最高峰。

 充実の脂のりは、
 焼いて食べるのに程よいのです。

 トキシラズ鮭のうまみを最大限に引き出す、
 やさしい塩加減の切り身でお届けします。

 甘塩、それも、超甘塩で、
 しっかりと鮭の味をひきだしています。


  ★羅臼産 ときしらず鮭 ひと汐
   https://www.siretoko.com/toki-hitosio.htm


 トキシラズといえば、
 遠くロシア200海里内などの北洋船団のものが有名です。

 これらは、
 船内で塩蔵処理した「沖トキ」、
 陸上へ持ってきて塩蔵する「丘トキ」と呼ばれるもので、

 どれも、2キロ程度の小ぶりなものばかり。
 このサイズでは、うまみと脂のりがイマイチなのです。


 お届けするトキシラズ鮭は、
 知床羅臼・前浜産のみ。

 前浜、つまり
 目の前の海に仕かけられた、定置網で獲れるものです。

 1日に数尾しか水揚げされないことがほとんどという、
 希少価値の高い、トキシラズ鮭です。


 お届けするのは、
 切り身でも原魚4キロ以上の大きなサイズを厳選。

 大きなサイズは、
 脂のりがまったく異なります。

 美味しさもたっぷりです。

2018年06月29日

なぜ「ベツモノ」トキシラズなの....?

先日 トキシラズ一尾(液冷)をお待ちのお客さまから

 『そろそろなんじゃない?』

とお問い合わせいただきました。

 

そのお客さまは5kg超のものをご所望でしたので、

  すみません、まだですね・・・
  お待ちの順にお出ししますのでもう少々お待ちいただけますか。

とお答えしました。

 

じっさい、トキは4kg台でも

 100尾に 数匹ていどの水揚げ

なのです。

5kg超で良品 ときたら、毎日水揚げされるわけでもありません。

 

そうお話したら、

 『そんな希少品だったとは・・・
     だいじょうぶ、待ってますよ!』

とおっしゃってくださいました。

 

やはり自分たちで

 「お客さまに伝わっているだろう」

ということも、それはこちらの勝手な思い込みだったり。

 

もっといろいろなことをお知らせできるようにこころがけてゆきますね。

 

●トキシラズ4kgの切り身 ↓ よくみると細かな「サシ」が入ってます。

2018年06月14日

トキシラズ、4kg超が水揚げ

  

4キロ以上の大きなサイズを待っていました。

 水揚げされたら、
 いよいよお届けスタートです!


 ご予約いただいた順にお届けしています。

 季節はずれの鮭、ご堪能ください。


  ★羅臼産 ときしらず鮭 ひと汐 切り身
   https://www.siretoko.com/toki-hitosio.htm

   焼き鮭でいただくなら、
   最高峰といわれる時知らず鮭。

   そのうまみを存分に味わえる、
   やさしい塩加減の切り身です。


  ★羅臼産 ときしらず鮭 半身
   https://www.siretoko.com/toki-block.htm

   4キロ以上の大きな時知らず鮭を、
   使いやすい半身にさばいてお届けします。

   半身そのまま、ブロックに切り分けたものから、
   お選びいただけます。


  ★羅臼産 ときしらず鮭 一尾
   https://www.siretoko.com/toki.htm

   4キロ以上の大きな時知らず鮭を、
   一尾まるごと液体凍結をほどこします。

   充実の脂のり、うまみたっぷりの鮭を、
   存分にお楽しみいただけます。

2017年06月29日

”別物”トキシラズ、水揚げは...

ことしのトキシラズ 味はバツグン。

しかし、来遊に波があるそうです。 

まあ、「海水温の変化」とかいろいろありますが。

天然自然のものは、思ったように動いてくれませんよ?(^^)

2016年06月02日

トキシラズ買付けはじまりました。

知床に夏も近づき・・・

トキシラズ の季節ですね。

 

トキシラズは切り身でも、原魚4キロ以上のもののみを厳選。

なぜなら、4キロ以上のものは、充実の脂のりが期待できるから。

大型サイズ = 脂のり = 充実のうまみ  なのです。

 

2015年05月04日

トキシラズ鮭の予約を開始。

沖トキ」 や、「丘トキ」 ということばを聞いたことありますか?

 知ってるよ、というかたは相当なツウでいらっしゃいますね・・・

 

しかし、このトキは、

その どちらでも ない

のです(^^)

 

 

2015年、知床の トキシラズ

ご予約受付を開始いたします。

 

★《ご予約》羅臼産 ときしらず鮭 一尾
 https://www.siretoko.com/toki.htm

 

★《ご予約》羅臼産 ときしらず鮭 半身
 https://www.siretoko.com/toki-block.htm

2014年05月25日

トキシラズ、今季は....?

別物トキシラズ鮭、今季初買い付けました。

とりあえず、4kg台で脂のりを確認しました。

この  ↓  3枚目の写真で

 サシ(脂)が入っているようすをおわかりいただけますか?

 

切り身が全体に白っぽく見えるのは脂のせいです。

まだ水揚げの中心は、2~3kg台がほとんどですが、これは期待できそう。

トキの当たり年になるかもしれません。

 

2014年04月09日

時知らず鮭、ご予約開始。

時不知(ときしらず)鮭

初夏の鮭は、みな「トキシラズ」と呼ばれます。

では、なぜ弊店のトキは別 物と呼ばれるのでしょうか?

ご予約を開始しました。

まずは、一尾まるごとから。

https://www.siretoko.com/toki.htm

 

この画像でもお分かりのとおり、4kg超のものだけを扱います。

2013年06月28日

時不知鮭、まるごと一尾も

受付開始しました。

写真上は6.7kg

....やっと6kg超えが出てきました。

しかし。でかすぎて発泡スチロールに入らないため、

トキ半身ブロックに....

2013年06月21日

時不知鮭、大型が揚がりはじめました。

今年のトキシラズ(時不知)は5月の半ばに1000尾単位で水揚げ。

いつもは数十尾単位なので、「大漁か」という報道も。

しかしじっさいには、そのほとんどが2kg台。

3kg台もまれ、4kgは皆無。 

という状況でした。

そして、その後がパッタリ。

例年なら6月に入ると大型が揚がりだすのですが、なかなか来ない。

今週、やっと4kg台が数本単位で水揚げされはじめました。

先行ご予約いただいている トキシラズ生半身 お待ちかねのお電話など多数いただいております。

サイズにもよりますが、ほぼ毎日ご予約受付しました順に発送してますので、いましばらくご辛抱のほど。

(一尾での受付はもう少々お待ち下さい)

2013年05月20日

ときしらず鮭、生半身の受付開始。

時をわすれた鮭、「時不知(トキシラズ)」。

水揚げが増えてきてます。

(まだ2~3kg台ですね。弊店では4kg以上を買い付けます)

このトキ、お刺身で食べると鮭児(ケイジ)に勝るとも劣らない。

焼きならば、ケイジを凌駕すると思います。

●トキシラズ生半身、ご予約受付開始してます。
 https://www.siretoko.com/toki-block.htm

2013年05月03日

季節はずれという名のベツモノ鮭

 鮭は秋のもの?

 いいえ、夏にもやってくる鮭がいるのです。

 それが、
 季節はずれ、という名前のトキシラズ鮭。

 季節はずれの鮭だからこその
 脂のりと、うまみ は、

 産卵期でないことから、筋子や白子が育っていないから。

 あの季節はずれの鮭、ご予約スタートです!


  ★《ご予約》トキシラズ鮭 生・半身 (そのまま・ブロック)
   https://www.siretoko.com/toki-block.htm


 トキ、そう呼ばれている鮭、
 よく目にしているよ!というかたも多いはず。

 でも、
 どれも同じ「トキ」だと思ったら大間違いなのです。

 一般的にお店に並んでいる「トキ」は、
 遠くロシア200海里内などの北洋船団のものがほとんどで、

 船内で塩蔵処理した「沖トキ」、

 陸上へ持ってきて塩蔵する「丘トキ」があります。

 どれも小ぶりで、うまみも価格も・・・


 お届けするのは、沖トキ、丘トキ、どちらでもありません

 知床・羅臼の前浜トキのみ。

 1日に数尾しか水揚げされないほど、
 貴重な まぼろしの鮭 です。

 さらに原魚4キロ以上の大きなサイズのみを厳選。

 大きなサイズだから、充実の脂のりなのです。

トキシラズと鮭児(けいじ)が同じ鮭というのはかなり乱暴です。誤解といってもいい。たしかに同じシロザケではありますが、鮭児は亜種でロシアアムール川(流氷のふるさとですね)へ戻る鮭です。 ⇒ケイジについて

toki-sasi-680.jpg

2012年07月06日

トキシラズ鮭、ベツモノ6kg台

7月3日まで、羅臼は神社のお祭りでした。

セリもお休みだったのです。

先週、トキシラズが急にかからなくなり、火曜から入荷なしでした。
 
昨日、少し大漁。

これはトキシラズ鮭6kg台です!!

 

  

 

夏のサケ、といえば。

 

はい、トキシラズ鮭ですね。

 

「トキシラズ」は秋以外に獲れるサケの総称なんです。

ご承知の方も多いでしょうね。

 

では、知床産のこれ、ご存知ですか?

 

 

 

 

例年、お中元ギフトにお使いのお客さまが多数いらっしゃる、

知床三佐ヱ門本舗・夏の人気商品

です。

 

ときしらず鮭は、一尾まるごとのほかに、下記があります。

 

ときしらず鮭生半身

ときしらず鮭ひと汐

ときしらず鮭粕漬

 

 

 

2012年06月27日

サケのこぼれ話、ふたたび。

お客さまからお電話いただきました。

 

トキシラズメヂカ(メジカ)ってサケの種類で言うとなになの?」

 

というご質問でした。

 

トキシラズ(時不知) もメヂカ(目近) も アキアジ(秋味) も、 みんな

 

【標準和名:シロザケ 英名:chum salmon】  

です。

ケイジ<鮭児>も大きくはシロザケなんですが、アムール川系の亜種です)

 

 

「え、 『銀鮭』 ってのは?」

 

【和名:ギンザケ 英名:silver salmon】  

ならば、これ日本では獲れないです。海外養殖または日本養殖ものがほとんどです。

 

天然もので 「銀鮭」 と書いてあるとしたら、おそらく「秋鮭(シロザケ)の銀毛(ギンケ)」のことでしょう。

 

国産の秋鮭ランクは、おおまかに

 

銀毛

ブナ毛(A~B~C)

ホッチャレ

 

市場では 銀メス、ABオス、BCメス みたいに呼び分けてます。

(羅臼市場では数年前まで「銀」ではなく「白」と表示)

 

 

「じゃあ、ついでに 『本チャン 紅鮭』ってのは?」

 

その表示、関西で良くありますよね。

 

【和名:ベニザケ 英名:Red salmon】

こちらも、残念ながら日本では獲れません。 たいていはロシア産、もしくはアラスカ産です。

 

シロザケにはその名のとおり白い身のものと、赤い身のものがあります。
これは食べた餌でそうなるのです。

ですから、じつはサケは「白身魚」です!

これ、むかし書いた記事があります

 

おそらくですが、「銀毛」が「ギンザケ」と混同されたように、「紅鮭」としてその「シロザケの赤い身」が扱われていたのではないかと。

しかし、輸入物であろうと、ホンモノのベニザケである、という意味で「本チャン紅」と名づけ流通させたと思われるのです。

 

サケは面白いです。

マスノスケ(King salmon)、カラフトマス(pink salmon) も日本では鱒ですが、世界的には鮭だったり。

 

2012年06月25日

トキシラズ一尾、ビッグサイズが

巨大なトキシラズを買い付けました。一尾で6.8kg。
こんなサイズは数年ぶりでしょうか。
脂のりも最高、背中の肉質を触っただけでわかります。

写真を撮り忘れていたら、すぐに凍結かけられていました。
(この画像は、先週の6kg台のもの。これでもかなりのサイズ、丸っと太っています)


6.8kg一尾だけの特設ページを作ってしまいました(^^)
https://www.siretoko.com/toki-big.htm

2012年06月19日

時知らず鮭、ことしは豊漁か?

どんな魚でも「獲れる年」「獲れない年」がありますが。

本年度はどうやらトキシラズ鮭 の「当たり年」のようですね。

価格は....ほとんど例年と変わらず(汗)

当たりの年は、「いつもよりさらに美味しい」ので仕方がないかもしれません。

下 ↓ の画像で、赤身のあいだに細かな白く入っているのが「サシ(脂)」です。

牛肉でいうところの「霜降り」ですね。

 

2012年06月05日

ときしらず鮭、良くなってきました。

写真は”ベツモノ” トキシラズ5kg台です。
この日2尾水揚げされました(これでも多いほうです)。

今年は少しづつ型の良いのが増えて来てます。

先日、近隣のスーパーで、トキシラズ2kgくらいのを販売されていました。

トキシラズ、おもしろいことに、ほぼおなじサイズのもので
ちがう産地のが並べてあるんです。

価格の差は、およそ3倍以上。

ちなみに、どちらも北海道産ですよ。

説明は書いてないので、「聞いとくれ!」ってことかな?
う~ん。たしかに、尋ねたくなりますね。



たしかに、2kg台でも美味しいトキはあります。けどね....

知床三佐ヱ門本舗では、4kg以上のサイズだけを扱っています。

ご予約のかたから発送してます。
父の日にも、ぜひどうぞ。

https://www.siretoko.com/toki.htm(一尾)
https://www.siretoko.com/toki-block.htm(半身)

一尾まるごとは、腕におぼえのあるお父さま向き....

みたいな気がしますが、サケを卸すのはじつはかんたんなんですよ。
https://www.siretoko.com/sake/sakesasimi.htm(サケのさばきかた)

2012年05月21日

トキシラズ、大型サイズが

時知らず鮭、やっと大型サイズが水揚げされはじめました。

本日5.5kgを買い付け。

もちろん活〆(かつじめ)ですから最高の品質です。

買い付けしましたら、ご予約の順に発送させていただきます。

殻付きウニとトキシラズ5.5kg

 

知床三佐ヱ門本舗・公式ファンページ | Facebookページも宣伝

2012年05月15日

トキシラズ生半身も予約開始

 鮭がやってくるのは、秋だけじゃない!

 季節はずれの鮭、ときしらず。
 少しずつ、羅臼の海へと近づいてきています。

 生半身も予約受付を開始しました。


  ★≪ 予約 ≫ ときしらず鮭

      一尾 

       半身  

 ときしらず鮭、
 少しずつ水揚げされています!

 まだ最大サイズで3キロ台のもの。

 大きいほど、充実の脂のりが期待できるので、
 本番はこれからなのでしょう。


 昨年は、
 5月25日前後に買い付けを開始しました。

 まもなく、です。

= = = = = = = = = = = = =

斜里山麓豚(しゃりさんろくぶた) 

 次回のお届けは、
 本日、5月15日が締め切り。

 ご注文、お急ぎください!


  ★知床・斜里山麓 豚
   https://www.siretoko.com/pork.htm

    (冷蔵品は 5月21日~22日お届け)
    (冷凍品でご希望日があれば 5月24日以降で)

  ★ソーセージ・ベーコン&ハム
   https://www.siretoko.com/ham.htm

    (冷蔵品は 5月23日~24日お届け)
    (冷凍品でご希望日があれば 5月26日以降で) 

 

2011年12月21日

めぢか鮭、ときしらず鮭、お刺身で

 お正月の準備はすすんでいますか?


 お正月にいただく、縁起物の魚。

 東日本は 鮭、
 西日本は ブリ が多いそうです。


 特に 鮭。

 身の鮮やかな赤色が、
 お正月のお祝いムードをしっかりと演出してくれます。


 焼いて重箱に、

 家族が集まったらお鍋に、

 お酒のおつまみとしてお刺身で。


 それが、
 特別な鮭であれば、

 さらにお正月気分も盛り上がりそうです。


 どちらも羅臼産。

 希少価値の高い、
 おいしさの高い、とっておきの鮭。

 これがあれば、
 お正月の準備の大きな助けとなること、間違いなし。


 楽しみ方いっぱいの、
 使いやすい形状でのお届けです!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.千尾に一尾のめぢか鮭を便利なブロックで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本を代表する鮭、
 シロザケの仲間でありながら、

 ちょっと特徴的な顔をしています。

 一般的な鮭の顔とちがうのは、鼻先が伸びていないこと。

 眼が近くにあるように見えるので、
 こんな名前になりました。


  ★羅臼産 めぢか鮭 生・半身ブロック
   https://www.siretoko.com/medika-block.htm


 羅臼産、
 もちろん定置網でとれた めぢか鮭。

 千尾の鮭のなかに、
 たった一尾ほどの確率で捕獲される、

 特別な鮭です。


 水揚げされた直後、
 鮮度バツグンの生の状態から、

 液体凍結技術による、急速冷凍処理をほどこしました。


 半身、1.5キロ以上のものは、
 原魚サイズ4.5キロ以上の大きなサイズ。

 大きいサイズのだからこその、
 充実の脂のりをお楽しみいただけます。


 お刺身、握りのほか、
 ひと塩して焼いたり、石狩鍋もいいですね。

 さらにムニエル、グラタンなど、
 洋食にも便利にお使いいただけます。


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● お正月に大活躍! 千尾に一尾の特別な鮭
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『羅臼産 めぢか鮭 生・半身ブロック
 ┃  https://www.siretoko.com/medika-block.htm
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 鮮度そのままに、
 三枚におろし、半身をブロック状に切り分けました。

 真空パックは、ブロックごとに。

 使う分だけ解凍できる、使いやすさが好評です!


  ★羅臼産 めぢか鮭 生・半身ブロック
   https://www.siretoko.com/medika-block.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.鮭児に続くナンバー2の実力、ときしらず鮭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 特別な鮭 といえば、
 まぼろしの鮭、鮭児(けいじ)が有名です。

 でも、
 鮭児がいまほど有名でなかったころ、

 この鮭がその地位を欲しいままにしていました。

 いまでも、
 焼いて食べるならば敵なし!という評価があるほど。

 トップの地位を渡し、
 ナンバー2となりましたが、

 そのおいしさは、変わることはないのです。


  ★羅臼産 ときしらず鮭 生・半身そのまま
   https://www.siretoko.com/toki-block.htm


 「時不知」、
 「トキ」などの呼ばれ方ですっかりおなじみの、

 季節はずれの鮭、ときしらず鮭。


 一般的に知られている「時鮭」とは、
 まったくのベツモノという品質です。


 たくさんのランクのあるシロザケの世界で、
 まぼろしの鮭「鮭児」がナンバーワンだとしたら、

 この ときしらず鮭 は、ナンバー2。


 焼いて食べるなら、最高峰といわれる実力です。

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● お正月に便利! とっておきの鮭を
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『羅臼産 ときしらず鮭 生・半身そのまま
 ┃  https://www.siretoko.com/toki-block.htm
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ときしらず鮭の半身。

 半身といえば、
 切り分けられた、ブロックが定番でしたが、

 今回は、半身そのまま、
 切らずに、そのままでお届けいたします。


 ご家庭で、
 お好みのサイズに切ってお召し上がりいただけるので、

 さらに用途が広がりますね!


  ★羅臼産 ときしらず鮭 生・半身そのまま
   https://www.siretoko.com/toki-block.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 お正月の強い味方、特別な鮭。

 お届け後の取り扱いについて、ご案内いたします。


 冷凍でのお届けとなりますので、ポイントは解凍。


 とにかく基本は、

 「できるだけゆっくり解凍」です。


 冷蔵庫や発泡スチロールの中で、じっくりとおこなうのがコツ。

 お届けの際に使用した、
 発泡スチロールを活用してもいいですよ。

 上手に解凍して、
 おいしさを存分にお楽しみくださいね。

 

2011年06月17日

ときしらず鮭受付中!

  鮭は、秋だけの魚だと思っていませんか?

 いいえ、
 夏にやってくる鮭もいるのです。

  季節はずれ、という意味の名前をもつ、
 とっておきの鮭です。

 この季節だからこその、充実の脂のり。

 ご予約受付中です!

 


  ★羅臼産 ときしらず鮭 一尾
    羅臼産 ときしらず鮭 半身


 夏を告げる鮭、
 時知らず鮭の水揚げがはじまっています!


 トキ鮭とも呼ばれる、ときしらず鮭。


 トキ鮭にもいろいろありまして、

 遠くロシア200海里内などの北洋船団が
 船内で塩蔵処理した「沖トキ」、

 陸上へ持ってきて塩蔵する「丘トキ」、

 一般に知られているのは、これらのトキ鮭で、
 どちらも小ぶりなものです。


 お届けするトキ鮭は、
 どちらでもありません。

 多く知られているトキ鮭とは、ベツモノ。

 違いは、比較にならないほど、
 味も価格も品質も、まったくベツモノなのです。


 羅臼の定置網でとれる、
 大きく、脂のり充分のトキ鮭だけをお届けします。


 (大型サイズはご注文後、しばらくお待ちいただいております)


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● ≪ご予約受付中!≫ 夏を知らせる季節の風物詩
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 
 ┃ 『羅臼産 ときしらず鮭』
 ┃ 
 ┃  ・一尾
 ┃  https://www.siretoko.com/toki.htm
 ┃ 
 ┃  ・半身ブロック
 ┃  https://www.siretoko.com/toki-block.htm
 ┃ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 お刺身で食べられる、時知らず鮭は2種類。


 ・一尾まるごと

   4キロ以上の大きな時知らずを、一尾まるごと生冷凍で。
   液体凍結だから、半解凍状態で簡単にさばけます。


 ・半身ブロック

   一尾は大きすぎるというご家庭向けに、
   4キロ以上の大きなトキシラズを、3枚におろし、
   半身をブロック状に切り分けてお届けします。


  ★羅臼産 ときしらず鮭
   一尾 https://www.siretoko.com/toki.htm
   半身 https://www.siretoko.com/toki-block.htm

 

2010年05月25日

ときしらず鮭を開始しました。

トキシラズ鮭一尾の受付を開始しました。

 

大きなサイズは「ご予約」となります(^^)

 

どうぞよろしくお願いします。

 

2009年07月10日

トキシラズ 生半身、お刺身で。(昆布漁は16日開始に)

トキシラズ 生半身 本注文の受付を開始しました。
 
お刺身で召し上がれます。

 

 

豊漁のため、価格がグンとお安くなっています。

やはり、ことしのトキは美味しく、当たり年といえます。 

本注文になりましたので、日付の指定ができます。

御中元などにもどうぞ。


   すでにご予約いただいているお客さまは、あらためて
   ご注文いただく必要はございません。

 

  ☆    ☆    ☆    ☆

 

 羅臼昆布漁が7月16日開始になります。

   2009年のかぎおろし(昆布漁解禁日のことをそう呼びます)は、
   7月15日に決定(本日、16日に延期との連絡あり)しました。

   例年ほぼ7月20日前後でしたので、少しばかり早いです。
     うわさでは、「今年は多い」といいます。

   しかし、それは記録的な大不漁だった前年との比較です。
  
     本年度産が仕上がるのはまだ先の話です。昆布漁が終わってから、
   等級検査~値決めが終了する10月以降に流通がはじまります。

     なお、「新物」を欲しいとおっしゃるかたもお見受けしますが、
   昆布は「2年目以降から美味しくなる」ものですから、意味があ
   りません。

   もちろん3年以上寝かせてもだいじょうぶですし、むしろゆとり
   があれば、数年先のストックをご購入いただくことをおススメし
   ております。

 

2009年05月19日

トキシラズ鮭、今年は

今年もこの季節がやってきました!


   ときしらず鮭


ご予約受付スタートです!!


ご予約は2種類。


   ・生 ときしらず鮭(液体凍結)一尾
   ・生 ときしらず鮭(冷蔵直送)一尾


どちらも一尾まるごと、「ご予約」で受付ます。


いまのところ、日時指定はお受けできません。

今後の入荷状況により、
液体凍結のみ、日時指定できるようになる予定です。

天然の鮭をお刺身でお召し上がりいただく場合は、
冷凍をおすすめしています。 

 

 『ときしらず鮭 ご予約
  https://www.siretoko.com/toki.htm
 
   ・生 (液体凍結)一尾
   ・生 (冷蔵直送)一尾
 

 昨年は、ときしらず鮭がなかなか水揚げされず、
 ご予約の開始は6月に入ってから、という遅いものでした。

 でも今年は、
 店主よんざえもん によると、


  『 ことしのは美味いです! おそらく当たりの年です!! 』


 とのこと。これは逃せません。

 ご予約のうえ、
 希少なまぼろしの鮭の入荷をお待ちくださいね。


  ★ときしらず鮭
   https://www.siretoko.com/toki.htm

トップへ


お客さまの声 最新版

知床の風だより ブログ

これって浄水器?

旬の商品

生うに登録フォーム

しれとこの生うに会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


鮭児登録フォーム

しれとこの鮭児会員」にご登録ください。
特別のお知らせをいたします。


自然農法登録フォーム

ひでさんの無農薬無肥料栽培ニュース」にご登録ください。


羅臼昆布情報フォーム

天然羅臼昆布」のニュースをお届けします。


ブログリンク

サイト内検索


フィード

バックナンバー