新着情報

  1. TOP
  2. 本クエ(刺し身)金土日お届け
  3. 本クエ(刺し身・鍋)年末年始お届け
  4. 本クエ(なべ用)天然
  1. TOP
  2. なまきんき(なべ用)
  3. 生鮮真たら(なべ用)
  4. 本クエ(なべ用)天然

本クエ天然なべ用

本クエ注文へジャンプ

天然の本クエ。

大トロ、中トロが買えるのは

弊店だけ。

矢印本クエのお刺身
  
(なべ用と別送になります)

本クエの豪華セット
  (なべとお刺身・年末限定)

矢印活鱧(はも)
  (紀州直送・完全骨切り済)

幻の鮭児・けいじ
知床の喜知次・きんき




冷凍便本クエ 天然・紀州産で 幻の鍋 を。

クエの達人
天然クエの漁は、一本釣り。

天然ものは、ごくわずかな漁獲しかない、まぼろしの魚「クエ(九絵)」。
しかし、希少価値とその質から、高値になってしまうため、ニセモノ(ナンチャッテくえ)があいついでいます。

本クエの達人。

三佐ヱ門本舗の「クエ」は、もちろん本物。しかも希少な天然ものです。

”本クエの匠” (本クエの販売数では日本有数) として、マスコミでも知られる「福井鮮魚店」主人の目利きにより、 間違いのない、本物の「クエ」だけをお届けします。

【知床三佐ヱ門本舗は、福井鮮魚の「本クエ」正規取扱店】

ニセモノにご注意を!

くえさばきよほどの目利きでなければ、さばいたあとの本クエと、ほかのハタ科の魚との区別はむずかしいそうです。
クエの達人・福井さんによれば、「本クエ」として堂々とうたっているかなりのものが下記のように本クエではないとのこと。 

もし、これはホンモノかどうか?というものがありましたら、お問い合わせください。 一尾でなくとも、皮のついている切り身の写真であれば、達人に照会しお答えいたします。

条例が変わったようで、以前は販売禁止(※脂質が強く下痢をする)だった「アブラボウズ」が、なんと「本クエ」として出回っているそうです。(アブラボウズ=ギンダラ科ですから近親種でもありません)

クエ鍋はどれほど美味いのでしょうか。

天然ものの価格が上昇傾向だそうです。 国内の本場といえば紀州産・九州産ですが、なかなか手に入りません。 期日指定もできますので、在庫表示されていればすぐご予約されたほうが吉です。

現在入荷中のものは >  【天然】  紀州(和歌山)もしくは長崎産です。(産地表示はかごにも)

まぼろしのケイジが 刺身 でもっとも高価であるように
まぼろしの本クエは 鍋 でもっとも高価といえます

本物の 『天然・本クエの味』 をお届けします。



紀州産(もしくは九州産)天然

※紀州産(和歌山)以外のばあいもございます。おなじく福井鮮魚の目利きです。ご了承ください。

クエ 「マハタ属」
はた科
学名 Epinephelus moara
(英)Kelp Grouper

 

・この商品は知床から発送します


ほんもので しかも 美味いものを食べたい」かたへ   ― よんざえもんから ―

よんざえもんこれは、正真正銘の 天然「本クエ」 です。

本クエは、大相撲九州場所などでちゃんこ鍋でふるまわれることで有名です。
しかし、ごらんのように、一本釣りでごくわずかな漁獲しかないまぼろしの魚です。
そのため、皮をはいてしまうとほとんど見分けのつかない「チャイロマルハタ」などがクエとして出回っております。

弊店とは長年のおつきあいのある、クエのあつかいでは日本有数の紀州「福井鮮魚店」の目利きにより「本当のホンモノ」をお届けします。

【クエ鍋のレシピ】
・クエ 350g (野菜はお好みで)
・白菜 1/4株
・長ネギ 1本
・しいたけ 4枚
・えのき 100g
・豆腐 1/2丁
・大根 1/4本

※だし用
(羅臼)昆布 10cm
水 600cc
白だし 大さじ2くらい
塩 適量
※つけだれ ポン酢 適宜
※鍋のあとに うどんまたはご飯など 適宜

クエ鍋の作り方
 《作り方》
 (1)白菜、長ネギ、しいたけ、えのき、豆腐は食べやすい大きさに切ります。
 (2)大根は3ミリくらいのイチョウ切りにし、米のとぎ汁で固めに下ゆでします。
     ゆであがったら、よく水洗いをしておきます。(アクやえぐみがとれておいしいです)
 (3)だしをとります。昆布の表面についた汚れを、かたく絞ったフキンで軽く拭き取ります。 
    鍋に水と昆布を入れ、中火にかけ、煮立つ直前に昆布を引き上げます。 
 (4)白だしと塩などでだしに薄く味を付けます。
     (味付けはお好みで!だしの味だけでも楽しめます) 
 (5)大きめの鍋にお湯を沸かし、ザルに凍ったままのクエを入れ    さっと湯通しします。
     動かさないように、表面が白くなったら引き上げ(4)のだしへ入れます。 
 (6)クエに火が通ったところで、アクをすくいます。
 (7)野菜を入れ、一煮立ちしたところで、食卓へ。 
 (8)卓上コンロなどで、弱火にかけながら、ポン酢でいただくのがオススメです。
 (9)食べ終わった後は、うどんを入れたり、雑炊にしたりして、だしを味わってください。
  鍋には脂が浮くほど、脂がのっっているのに.....  そして、何といっても身と皮の間のゼラチン
  質が、おいし〜い。 ぷるぷるっ、とろ〜ん。  私のお気に入りは、大根!  魚から出た極上のだ
  しをたっぷり吸った大根は、それだけでごちそうになります。 ぜひ、味わってみて下さい。 野菜は、お好みで何を入れてもよいと思います。 贅沢な鍋で、心もおなかも、ホッカホカ!
<レシピ:弊店スタッフ長濱>

クエ天然もの

  本クエのご感想はこちら ⇒ 美味しい声「本クエ」

この度食べた本クエにあまりにも感動しましたのでメールさせていただきました。

もう、本当にこれが白身の魚なのかと思うくらい素晴らしい脂ののりでした。

けれども、全然くどくないんです。
白身の旨みの後になんともいえない脂の旨みがにじみ出てきて本当に絶妙の味でした。
家族4人で鍋にして食べたのですが、あっ!!という間になくなってしまいました。

そして、最後の雑炊がまたなんともいえず美味しかったです。
本クエの旨みが十二分に出て、普段は雑炊を食べない私も食べずにはいられませんでした。

食べ終わった後、4人とも異口同音に、「こんなうまい魚、食べたことない」と言っておりました。
ふぐよりも美味しいと言う人がいるとは聞いていましたが、まさしくその通りだと納得しました。

<広島県 山根さま>

お世話になってます、中島です。
長崎産クエ鍋、昨日頂きました。
三佐ヱ門本舗さんのHPにあったクエ鍋の作り方を見てそのまんま作りました。
以前よりクエ鍋は凄いんだろうな〜と思うだけ で家族全員、食したことがなかったのですが、あの食感とアラや皮際のゼラチン質がコラーゲ ンたっぷり、身も脂が良い感じに乗っていて最高でした。
またもや嫁や子どもが身を殆ど食べてしまい、私はアラ専門だったのですが、アラだけでも十分満足でした。
こんな食材を扱ってくれている知床三佐ヱ門本舗さま、ありがとうございました。

<北海道旭川市 中島様>

年末に本クエを、届けて頂いた者ですが、今日は お正月という事で、クエ鍋にしていただきました。 凄く油が乗っていてコラーゲンも多そうですね。
うちの家族は 買った当時、「何それ、高っ!(値段)」と言って冷たい目をしていたのですが、今日は食べながら「何これ、むっちゃ美味しい」とか「舌が贅沢になって後戻り出来なくなったらどうしよう」とかいっていました。
今まで、スーパーで売っている、偽クエを食べながら「これがクエか〜美味しいね」と言って食べていたものですから。
実は、買った私が余り鍋が、好きではないのですが、本当に美味しかったです。
有難うございました。

<大阪市城東区 きよみ様>



こちらは『クエ』ではありません!

標準和名:チャイロマルハタ
この皮をはいでしまうとなかなかわからない。



チャイロマルハタについて
(和歌山・福井鮮魚店主人)

「うろこを剥き取ってしまえば、見極めは困難です。
白身は綺麗で、脂がありますが、どことなく泥臭い感じがします。
決して不味くはありません。
お鍋食材としては十分価値があります。価格は本くえの3〜5分の1くらいでしょうか。
魚屋としては貴重な商材ですが、これを「くえ」と書いて販売すべきではないと思います。」  (※ご本人がさばいているのは本クエです)


「ニセ本クエの産地偽装をあばいた!」(朝日放送テレビ特番)

ウラドリ朝日放送「ウラドリ」で2007年末に、福井鮮魚店社長本クエの産地偽装問題がスペシャル特番として放送されました。

そのなかで、クエのスペシャリストとして登場したのは われらが「福井鮮魚」の社長。

専門家でもわかりにくい「冷凍切身」を一目みただけで
「これは アブラボウズという魚です」
さすがです。

福井鮮魚社長の目利き!産地和歌山から直送の本クエ薄造りございます



美しいとまで思わせる白身

 鍋素材の最高峰。 まぼろしの本クエ

クエは、マハタ属はた科の魚です。南日本、シナ海などに分布し、沿岸の岩礁域に生息しています。肉は白く、美味として知られています。
地方によって、アオナ、アラ、イギス、イノミーバイ、オオウオ、キョウモドリ、クエマス、マスなど呼び名が異なるようです。
とにかく捨てるところがありません。内蔵や軟骨までが、旨味のかたまりです。
アラについているゼラチン質が、また絶品です。
少々グロテスクな様相なのですが、脂のり、繊細な味は、ふぐと比べられるほどです。ふぐより旨い!という声もあがっています。
鍋のあとは、雑炊で。汁の最後の一滴まで味わってください。
体長1m、20〜8kg台のものです。
クエ鍋には、アラ(ひれ・骨など)がたいへん重要です。
このセットには身とアラがほぼ同量に入っています。
入荷したとき、それが本物のクエ鍋を味わう絶好のチャンスです。

アラ(ヒレ・骨)はダシに必要です

ここから旨味が生まれます

限定クエ

本クエキャンペーン紀州 (もしくは長崎)・天然 本クエ  鍋で 2〜3 人前

15800円を特別価格

10,800円

パック  あと 9パック  

冷凍可能な品と同梱できます冷凍瓶のみ

 

幻の本クエ 天然なべ用

この商品は冷凍配送でお届け冷凍瓶のみ
冷凍可能な品と同梱できます 同梱できます
商品名
金額(税込み)
 注文数

紀州 (もしくは長崎) ・天然

  350g

鍋で 1〜2 人前

 ※本クエ鍋の標準品です。

通常、市中に出回っているものはこちらです。
標準と言えど、こちらに脂がないわけではないことにご注意ください

13800円を特別価格

9,050円

パック  あと 5パック

  

この商品は弊店から発送いたします。送料はこちら
紀州 (もしくは長崎) ・天然

  350g 中トロ [中トロ]

鍋で 1〜2 人前

中トロが買えるのは弊店だけ。

とくに脂のりのよい個体が出たさいにのみ入荷

15800円を特別価格

10,265円

パック  あと 4パック

  

この商品は弊店から発送いたします。送料はこちら

紀州 (もしくは長崎) ・天然

  350g 大トロ [トロ]

鍋で 1〜2 人前
 大トロが買えるのは弊店だけ。

※捌いたのち、まれに選ばれし個体からごく少量採られます

18900円を特別価格

12,750円

パック  あと 2パック

  

この商品は弊店から発送いたします。送料はこちら

 

■紀州のまぼろしの情報だけ。メールにてお知らせいたします。

紀州のまぼろし情報ニュース

  • 会員ページのURLをすぐ返信します。
  • クエ、ハモ、紀州梅の入荷、状況など紀州に関する情報だけをお知らせします。
    ※もちろん会費無料です
truste 登 録 ←情報の登録はこちら
解 除 ←もう読まない時はこちら

メールアドレス
ひとこと欄  
メールアドレスなどを入力選択して、ボタンを押してください。   SSL送信

だしには、天然羅臼昆布をお使いください。 羅臼昆布は、もちろん超一流のだしがとれます。

 天然羅臼昆布 2等検

1枚
〔100g前後〕

2,700円

スタッフまるやま知床三佐ヱ門本舗・スタッフ丸山から

 なぜ、知床三佐ヱ門本舗で、紀州の逸品を扱うのか。  疑問に感じたことはありませんか?

  ★幻の本クエ http://www.siretoko.com/kue.htm

  ★昔ながらの梅干し    http://www.siretoko.com/umebosi.htm

当店のこだわり、  それは、昔ながらの製法、そして本物を見極める目。
この精神と大いに共通するものを、「紀州」に発見しました。
それが、  『昔ながらの梅干し』と『幻の本クエ』です。

「本クエ」は、  その貴重さゆえに、ニセモノが多くでまわっているなか、
店主よんざえもんのお友達、目利きである福井鮮魚の大将が
ホンモノだけを選んでくれました。

知床三佐ヱ門本舗を愛してくださるみなさまに、お届けしたい、同じマインドの逸品なのです。

ポイント会員ログイン
新規登録で100ポイント!

お客様の美味しい声

知床三佐ヱ門本舗Facebook

テレビ・雑誌で紹介

知ってると自慢できる?

ブログ知床の風

Copyright © 1997-2014 北の自然食・鮭の通販「知床三佐ヱ門本舗」 All Rights Reserved.